FinTechスタートアップMeetUp!CEO、CTOから直接学ぶ120分のセッション開催

FinTechスタートアップのCEO、CTOがエンジニアに対してプレゼン

FinTechスタートアップのCEOやCTOが、エンジニアリングをメインにピッチ、パネルディスカッション、懇親会を行うProductPitch。テレビや雑誌では知ることのできない臨場感ある情報と触れることができます。
今回は、数千万~数億円調達して間もない、まさに「THE スタートアップ」と言える企業のCEOが登壇、ピッチを行います。すでに成長しきった会社ではない、まさにこれから伸びるとベンチャーキャピタルが太鼓判を押した事業はどんなものか、等身大のFinTechスタートアップと触れてみませんか?当日はシード・アーリーステージでの資金調達を終えた、新進気鋭のFinTechスタートアップ3社のCEO、CTOが登壇いたします。

イベント概要

ベンチャーキャピタルから数千万~数億円の資金調達を行った、まさにこれから成長が見込まれるスタートアップのCEO、CTOが登壇します。これからの未来を変えるスタートアップと直に触れてみませんか?定員40名に対し、3社のスタートアップの経営陣が参加。懇親会などを通じてFinTechの最新トレンドを学んでください。

日時
2018年10月24日19時30分開始
参加費
無料
持ち物
お名刺をお持ちください
主催
日本経済新聞社

登壇者

中村貴一
株式会社BrainCat
代表取締役/最高技術責任者

2014年、世界初の音楽機材のオンライン視聴サイトを開発し、Movida Japanのアクセラレータープログラムに採用されたことをきっかけに起業。

その後、コンサルティング会社を経て 、フリーランスエンジニアとして独立。これまで、大手ゲーム会社のWeb APIフレームワークの開発や大手人材会社の共通IDシステムの基盤開発を含む数多くのプロジェクトに従事。

現在は、メルカリ、GMO Venture Partners、家入一真さん等からシードラウンドで6,500万円を調達し、相互扶助コミュニティサービス「Gojo」を提供している。

向山裕介
株式会社クレジットエンジン
取締役/共同創業者

1988年生まれ。山梨県出身。
一橋大学経済学部卒。

2012年、公認会計士試験に合格後、会計税務に強みを持つコンサルティング会社である株式会社エスネットワークスにてIPO支援・事業承継支援・経営統合支援等に従事。

その後、フリーランスのエンジニアとして、ブロックチェーン関連事業を行うスタートアップ など複数の企業に参画。

2016年7月、株式会社クレジットエンジンを共同創業。

サービス開発全般をエンジニア、PMとして担当。

松井清隆
Sasuke Financial Lab株式会社
代表取締役

高校卒業後、吉本総合芸能学院(通称:NSC)に所属し、構成作家としてキャリアを積む。21歳の時に一念発起、米国に留学。University of California, Los Angeles(通称:UCLA)経済学部卒業。リーマン・ブラザーズ証券に入社、事業投資やM&A業務に従事。同社 破綻に伴い、野村證券に転籍、保険会社のIPOや金融機関のM&A・資金調達に携わる。その後、資産運用会社のウエリントン・マネージメントに転職、投資信託の企画・営業に従事。2016年に同社を退職し、Sasuke Financial Lab設立。

タイムテーブル

19:00-19:30
19時から開場し、受付開始となります。当日はお名刺をお持ちください。
19:40-20:25
FinTechスタートアップ3社がそれぞれ自社のプロダクト、働き方、エンジニアの求人状況などについてのピッチを行います。投資家やユーザーに向けてではない、エンジニアに向けてピッチするという場は、起業家にとっても初めての体験。この日のために準備を重ねてきた熱いメッセージお届けします。
20:25-21:00
パネルディスカッション。それぞれの会社のサービス、ビジョン、働き方や開発環境についてなど、どんなことに対してでもご質問をお受けします。シード、アーリーステージの起業家やCTOに質問ができるまたとない機会です。
21:05-22:00
懇親会。懇親会では、ビール、缶チューハイなどのほか、ソフトドリンク、軽食もご用意いたします。カジュアルな雰囲気で参加者同士、また登壇者を交えて気軽に交流をしていただけます。

アクセス

東京都中央区八重洲2丁目8-7 (福岡ビル4階)
DIAGONAL RUN TOKYO

#FinTech#エンジニア

過去の登壇・参画企業

多くの企業、様々なビジネスマンが登壇・参加し、あなたの学びをより豊かにしてくれています。
さぁ、あなたも今すぐ学びの場を作ってみましょう。